RSS | ATOM | SEARCH
【禁止事項】(オリバー通信11月号より)

オリバーは、社会やお客様と社員との絆(相互信頼形成企業)を目指し、

それに近づける様36項目の判断基準を「業務心得」として社内ルールにし歩みます。

 

オリバー業務心得No.28

【禁止事項】とは…
小心で低レベル「見せかけ・とり繕い・はぐらかし」

姑息なやり方禁止です。

 

この心得は人として常識的な事で、新入社員が入社する度繰り返している心得です。又、オリバーの業務心得36項目中唯一の禁止事項です。具体的には「見せかけ」とは働いてるふり、「とり繕い」とは言い訳、「はぐらかし」とは問題のすり替え等で、いずれも上辺を飾って中身をごまかし、人を騙して問題から逃れる行為です。これらは人を欺く為の小細工であり絶対にやってはならない事です。これらの姑息な行為は誰もが見抜けます。評価は自身がするものではなく相手が見て・感じて決めるもので、自分だけはその場しのぎが出来たと思っていても、実際には大きく評価を落とし、検証・改善に繋がらず成長も妨げます。当然の事ながら社会的信用は失墜し、どの業界にあってもいずれ必要とされなくなります。これら姑息な行為が発せられる原因は学習不足にあり、自身が学習し身に着け又、自身の将来像や向上心を持つ事で、ごまかし等必要ない事に気付き公明正大に対応できる様になります。学ぶことを楽しみ、修得の継続に努める事こそが自身の価値を高めるものであり社会やお客様からの信頼獲得に繋がるものです。

author:管理人(Webmaster), category:003業務心得シリーズ, 15:06
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:06
-, -