RSS | ATOM | SEARCH
【全社的意識】(オリバー通信12月号より)

オリバーは、社会やお客様と社員との絆(相互信頼形成企業)を目指し、

それに近く様36項目の判断基準を「業務心得」として社内ルールにし歩みます。

 

オリバー業務心得No.6

【全社的意識】とは

風通しを良化して社内紹介活発に
「営業なくして企業なし」が全社的意識です。

 

オリバーは6法人のグループで170名のスタッフが総合不動産・建設業としてお客様の需要を満たすべく専門性を活かした業務の推進や改善に向け日々変化し続けています。それ故、担当業務を離れると、他法人や他部門でどのような商品やサービスを提供しているかが見えにくくなる場合があります。これを解決する手段が「風通し良化」です。具体しますと、まずグループが提供する商品やサービスを理解する事から始まり、部門の横断的な勉強会やコミュニケーションを通して総務や経理・IT部門等非営業部門であっても、お客様や日頃接する人との何気ない会話の中から潜在的な問題や要望をくみ取り、解決の受け皿となれるのです。オリバーの一員である以上、風通しを良化して法人や部門間の障壁を廃し、担当業務以外のお客様に対してもご要望や問題を他人事とせず社内紹介を活性化する事(お客様の問題解決)が求められます。企業はお客様のご要望や問題解決の為に商品やサービスをご利用頂き、その結果にご満足頂く事が存在理由だからです。これを全社共通の認識とし、一枚岩でベクトルが合い、お互いに全部門を応援し合える組織となる事こそオリバーが推進する考え方なのです。

author:管理人(Webmaster), category:003業務心得シリーズ, 14:47
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:47
-, -