RSS | ATOM | SEARCH
【成長法】(オリバー通信7月号より)

オリバーは、社会やお客様と社員との絆(相互信頼形成)企業を目指し、

それに近づく様36項目の判断基準を「業務心得」として社内ルールにして歩んでいます。

 

オリバー業務心得No.25

【成長法】

目標を競い磨き合う自律的「ライバルを持つ」
社内の次は全国です。

 

社会で活躍している人は自らに高い目標を設定し、それに強い決意を持つなり公言するなりしています。そのベースにはベンチマークとなるライバルの存在があると思います。ライバルは成長への刺激となるだけでなく、自身が止まっている時それに気付かせてくれる存在でもあります。ライバルを持つと、その人の目標を達成する為のプロセス(やり方・ツール等)にも関心を持ち研究するものです。しかし、そこから見えてくるものは目標達成の手法だけでなく、ライフスタイルや思考法、更に人生哲学と言ったライバルの生き方です。目標を目指す過程で苦しい時、ライバルの生き方や克服法を吸収するのも一つです。それが自分のものとなり視野が広がるに従い、企業の枠を越えて新たなテーマやライバルが見えてくると共に、自身も誰かのライバルとなれている事もあります。これらを通して、いつしかライバルが尊敬する人になる事もあり、それは仕事だけではなく人生の道標となります。この様な永遠の成長に繋がるライバルをつくる為の第一歩は、まずライバル宣言をする事です。された者も嬉しく、宣言するだけでも大きな前進となるのです。

author:管理人(Webmaster), category:003業務心得シリーズ, 09:32
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:32
-, -