RSS | ATOM | SEARCH
【企業競争】(オリバー通信5月号より)

オリバーは、社会やお客様と社員との絆(相互信頼形成)企業を目指し、

それに近づく様36項目の判断基準を「業務心得」として社内ルールにして歩んでいます。

 

オリバー業務心得No.7

【企業競争】

企業とは、お客様への価値最大化競争であり選ばれで

「生き残りは無く勝ち残りしか無い」です。

 

「企業競争」とは同一業界内や特定のライバル会社に対する優位性を追及・構築し、勝つ(倒す)事であると捉えがちです。しかし、我社の注視すべき企業競争とは、お客様や社会に対するものであり、具体すると不動産業はその商品なりサービスに対する対価性は勿論、利便性、建物の機能性やデザイン性、更には収益力や安全性、担当者の資質である企画力や対応力等お客様のあらゆる願望を満たす為の戦いであり且つ、常に進化する社会や文化、更にそのメカニズム等との戦いでもあります。特に現在は、第4次産業革命と呼ばれる技術革新により第5ソサイエティ(社会)と言う誰も見た事も体験した事も無い新しい社会へと変革の真只中にあります。いつの時代であろうとも「生き残り」と言う形は無く、お客様の願望を満たす事による勝ち残りしか無い。その為の新たな展開を自らが生み出し、お客様からの選ばれを追求するものであり、これを全社で推進する事が社会から必要とされ永遠の企業へと繋がるものです。

author:管理人(Webmaster), category:003業務心得シリーズ, 10:03
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:03
-, -