RSS | ATOM | SEARCH
【オリバープライム】(オリバー通信8月号より)

オリバーは、社会やお客様と社員との絆(相互信頼形成)企業を目指し、

それに近づく様36項目の判断基準を「業務心得」として社内ルールにして歩んでいます。

 

オリバー業務心得No.14

【オリバープライム】

人生の勝利者に「目的・目標を明確に、期日を切り、段取りを練り、実行と検証」です。

 

あらゆる企業の事業計画には、必ず目的と目標があります。ビジネスの世界では、目標は単なる希望的観測ではなく、本人の成長と企業の拡大の為に必達すべきものです。全ての計画が完遂できる訳ではありませんが、事前に何をすべきかが見え、進捗が掴め、年間計画の早期達成が理想であり、そう言う仕事のやり方が重要で、オリバーでは「オリバープライム」と言う仕事の設計・管理を推進しております。これは、全社員が1年の目的・目標を明確にすることから始まり、それを達成する為に「綿密なスケジュールを立て、日々の段取りを練り、進捗のチェックを行ない、改善を繰り返す」と言う仕事のやり方の仕組み化です。これにより、業務効率の向上、期限厳守、ミス・漏れ防止を社員が自主的にすることで自身の成長とオーナー様・お客様へのサービス品質向上を図ります。更にこの活用により仕事の段取りが見え、ベストな対応が描けて目標を必達すると言う意識が向上し、計画を達成するブレイクスルーとなります。またこれを採用した本人も上司も大きな効果を実感したことで必須のツールと位置付けられており、誰でもが育み熟練さえすれば必ずその人の成長が大きく変わります。仕事の大小を問わず確実に実行し信頼性が増すことにより、更に大きな責任を担え、人生の勝利者に繋がる基礎作りにしてもらいたいと望むものです。

author:管理人(Webmaster), category:003業務心得シリーズ, 10:17
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:17
-, -