RSS | ATOM | SEARCH
【応対のルール】(オリバー通信9月号より)

オリバーは、社会やお客様と社員との絆(相互信頼形成)企業を目指し、

それに近づく様36項目の判断基準を「業務心得」として社内ルールにして歩んでいます。

 

オリバー業務心得No.20

【応対のルール】

新社会人へ、業務は全てメモでする

「人の話は手で聞け・報告は目でする」です。

 

「人の話は手で聞け」とはメモを取りなさいと言う事で、「報告は目でする」とはメモを確認して報告すると言うことです。これは誰でも出来ることで今更言うまでもありませんが、改めてそれを全社で徹底することを目的に業務心得としています。「人は48時間で8割忘れる」と言われますが、メモを取ることでこの防止に大いに役立っていると思います。また、オリバーでは週2回、各事務所の社員全員が集まる朝礼があり、ここでは持ち回りで3分間の発表を行っていますが、メモを見てやることにより年齢・男女一切関係なく全員が堂々と行えるようになりました。これら取り組みから発展した「オリバープライム」と言う仕事の設計・管理を推進しており、ここで行う綿密なスケジュールの作成や段取りの組み立てへとシステム化し成長へと向かっています。社内・外に対してミスの無い正確な業務遂行や報告に必須であるだけでなく、更に見直して業務の品質や効率を向上させ社会的地位向上に繋げる為にも、誰でも出来ることだからこそ手を抜かず全員に徹底してもらいたい心得です。

author:管理人(Webmaster), category:003業務心得シリーズ, 18:08
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:08
-, -