RSS | ATOM | SEARCH
【トラブル回避】(オリバー通信12月号より)

オリバーは、社会やお客様と社員との絆(相互信頼形成)企業を目指し、

それに近づく様36項目の判断基準を「業務心得」として社内ルールにして歩んでいます。

 

オリバー業務心得No.27

【トラブル回避】

確信を持つ「疑らない・信じない・確かめる」です。

 

ご存知の様にITによる第四次産業革命の真只中で大変革の渦中にあります。弊社でも内部改革を推進しておりますが、業務上のトラブルはコンセンサス(意思疎通)の不適により発生することが大半です。特に近年のビジネス環境では相手の良心に依存する日本流の考え方から国際化や多様化、更にその変革の早さもあり、小さなことでも契約社会の考え方が浸透しています。これにより、契約がもたらす良い事・悪い事全てを自己責任で組み立てるグローバルな思考が求められます。場合によっては騙された側を問題視する事もあることから、トラブル回避の為には合意事項の曖昧さを廃し、一方的な思い込みや決め付け・食い違い等が無いか自身の目と耳とで事実確認をしてから進めなければなりません。また、契約に限らずどんな仕事も相手を根拠なく疑ったり信じたりせず、まず確かめることで確固たる確信が持て、的確に状況や事象を描いてから決断をすることでトラブルを回避できます。ミスやトラブルの無い企業はありません、社会やツールが変わっても日常的当り前に確信を持って進められる社員となってもらいたい。それによりお客様や社会から「信頼の提供企業」としてブランドを形成することができると思います。

author:管理人(Webmaster), category:003業務心得シリーズ, 14:44
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:44
-, -