RSS | ATOM | SEARCH
【利益を出す】(オリバー通信5月号より)

オリバーは、社会やお客様と社員との絆(相互信頼形成)企業を目指し、

それに近づく様36項目の判断基準を「業務心得」として社内ルールにして歩んでいます。

 

オリバー業務心得No.13

【利益を出す】

「人に喜ばれれば利益が出る」

又「人は利益と共に成長する」です。

 

一般的に、利益とは一生懸命働いた結果出るものと考えます。しかし、それだけでは無く会社のシステムやサービス対応、その品質や商品力等のバロメーター(指標)であり、もう一つは社員の成長を量るバロメーターにすべきものでもあります。分かり易く弊社の建物型トランクルーム事業で例えれば、警備システムや防犯カメラ、入退室管理等による強固なセキュリティと、明るい照明設備や快適な空調、定期巡回による清掃、更に社員一同が改善と提案に注力し安心してご利用いただける収納サービス等を徹底して行きます。こうする事で、利用者様から評価が上がる事は勿論、オーナー様にとっても安心できる土地活用となり、地域の皆様からも喜ばれるサービスとなって行き、その結果、利便性や配慮等で納得がいくもの・対価性が伴ったものとなった時、初めて利益となって表れます。つまり、ここでの利益とは、利用者様・オーナー様・地域の皆様の喜びの総合対価であり副次的結果です。その大小を量る事で、サービスへの満足度や社員の成長のバロメーターとなります。こうして考えると この「利益を出す」とは単に儲けを出す事ではなく「お客様本位」と言う企業姿勢であり社会公器への追求でもあります。利益を出す事に対し全社員が公明正大に誇りをもって推進してもらいたいと思うものであり 心得としたものです。

author:管理人(Webmaster), category:003業務心得シリーズ, 11:03
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:03
-, -