RSS | ATOM | SEARCH
【禁止事項】(オリバー通信8月号より)

オリバーは、社会やお客様と社員との絆(相互信頼形成)企業を目指し、

それに近づく様36項目の判断基準を「業務心得」として社内ルールにし歩んでいます。

 

オリバー業務心得No.28

【禁止事項】

「見せかけ・とり繕い・はぐらかし」の禁止、

学習し社会的地位向上です。

 

この心得はビジネスマンなら誰でも分かっています。禁止すべきは働いているふり、言い訳、問題のすり替え等で、いずれも上辺を飾って中身をごまかし、相手を騙し問題から逃れる保身的な行為であり、良く見せようと人を欺く小細工です。これにより自分だけはその場しのぎが出来たと思っていても、実際には相手から見抜かれていて大きく評価を落としています。更に自身の検証・改善にも繋がらず成長も妨げます。当然ながら社会的信用は失墜し、どの業界にあってもいずれ必要とされなくなります。これら姑息な行為が発せられる原因は学習不足にあり、自身の向上心や将来像によって学習する、その為にもオリバーでは技術を身につけさせる講習会や要望に応じ選択できるEラーニング(ネット学習)講座等沢山の学習制度を実施しており、これらにより資格を取得し知識・技術を磨きスキルを身につければ、ごまかし等不要となり公明正大に対応できる様になります。また会社としても学習状況をシステムで把握し全体に習得を促す事で全社のレベルアップを図ります。学ぶことを楽しみ、修得の継続に努める事こそが自身の価値を高めるものであり社会やお客様からの信頼獲得に繋がる社会的地位向上となるものです。

 

author:管理人(Webmaster), category:003業務心得シリーズ, 09:56
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:56
-, -