RSS | ATOM | SEARCH
【購入の決定】(オリバー通信10月号より)

オリバーは、社会やお客様と社員との絆(相互信頼形成)企業を目指し、

それに近づく様36項目の判断基準を「業務心得」として社内ルールにし歩んでいます。

 

オリバー業務心得No.17

【購入の決定】

「欲しいものは買わず、必要なものは買う」

必要ならジェット機もです。

 

弊社の購入の決裁は至ってシンプルです。この業務心得が全社的に浸透し理解され、決裁を申請する社員一人一人が「欲しいもの」と「必要なもの」の判断を全社共通基準で行えているからで、よって決裁に当たり内容を問われる事は少ないと思います。例えばパソコンは業務上必須であり一人一台が割り当てられますが、それ程処理速度を必要としない業務では安価な製品を使用し、最新・高性能な物はそれを要する業務に割り当てています。社有車も新車はお客様が乗る営業部門が使用し、お客様が乗らない事務や技術部門にはそのお下がりが回ります。手前味噌ですが古い車も大切にされ、これらの不具合や故障に対して安全に関わるもの以外は修理対応し、新旧問わず80台の全車が本当にキズ無しのピカピカで長く利用されています。「もったいない」が世界共通語として広まり「3R」リデュース(消費削減)・リユース(再使用)・リサイクル(再生利用)運動全盛時代です。まさにオリバーは社員の理解と協力で創業時よりこれを貫き、これにより今があると言っても過言ではありません。この業務心得はオリバーの伝統的風土であり財産であり、大きな誇りでもあります。

author:管理人(Webmaster), category:003業務心得シリーズ, 17:49
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:49
-, -