RSS | ATOM | SEARCH
【道路清掃】(オリバー通信11月号より)

オリバーは、社会やお客様と社員との絆(相互信頼形成)企業を目指し、

それに近づく様36項目の判断基準を「業務心得」として社内ルールにし歩んでいます。

 

オリバー業務心得No.35

【道路清掃】

小さなボランティア、継続で私たちの心と地域を磨き

「街の価値を上げる」です。

 

オリバーは創業以来37年間、毎朝社員が道路清掃をしています。当初は信号で停止した車から灰皿の中身を道路に捨てる人も多く、それを清掃したことがきっかけとなりゴミを捨てないと言うマナー教育の一環としても続けてきました。継続する中で、掃除中に地域の皆様よりねぎらいのお声を頂いたり、通りがかりの方から清掃のお手伝いを申し出て頂くこともありました。相模原市長より2度の表彰を頂きました。こうして私達の小さな取り組みが地域に発信できていることに深い感慨を覚えます。振り返ると、社員教育としての意味合いも大事ですが、それよりも社員一人一人の取り組みが点から面へと地域に広がり綺麗な街づくりに繋げることができればどんなに素晴らしく、それにより街の価値が上がり又、社員がゴミを片付けることにより地域に関心を持ち地域と融合できることは素晴らしいことだと思います。情熱を持って道路清掃に取り組み、継続することがオリバーの姿勢であり誇りであると全社員が捉えることが出来た時、自身と地域を磨き街の価値を上げられる、未来を築ける企業文化へと育てたいと言う思いから心得としたものです。

author:管理人(Webmaster), category:003業務心得シリーズ, 11:00
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:00
-, -